会社にも個人にも大きなダメージに ▼ Effective Training Strategy

会社にも個人にも大きなダメージに

なぜ!?生じる、パワハラ、セクハラ問題が起きる原因とは

パワハラ、セクハラ問題は、社会的なニュースとして取り上げられる場合もあり、会社における情報や個人的な情報がネットを駆け巡る場合もあります。社会的に大きな問題になっているにも関わらず、再びパワハラ、セクハラ問題が様々な場所で起きている事実があるのです。

大前提として、パワハラ、セクハラを起こしている人は、その自覚がありません。その特徴は、力のある立場であり、日頃の職場内において客観的な目線による監視下に置かれていない場合がほとんどです。この様な内容が起きる要因は、様々ですが、道徳心を軽んじてきた教育内容、テストの点数など力のみだけに価値を置いて来た原因なども背景には隠されているかもしれません。

パワハラ、セクハラ問題を防ぐためには、第三者による社員研修において、自覚を促させるのが大切です。第三者による社員研修は、客観的な視点がより強まりやすく、自覚を強く促せるでしょう。

パワハラ、セクハラは、女性に対しても起きる可能性がある

パワハラ、セクハラ問題は、立場的に力のある男性が行っている印象も高いのではないでしょうか。潜在的に言えば、女性の方がパワハラ、セクハラ問題を引き起こしやすく、影で広がっている可能性もあります。 社会的な問題として顕在化し難い理由は、会社だけでは無く、パワハラ、セクハラに関わる当事者同士のダメージが強すぎるために、表に現れにくい場合もよくある話です。女性は、日頃から化粧を行う事で、潜在的に男性以上に自身の価値を高めたい思いを強く持ち合わせているでしょう。告白したい人は、相手を傷つけた嫌な女として思われたくない気持ちもあり、なかなか女性が女性に対して告白するのには抵抗感があるのが現状です。女性が男性に対して告白するのは、社会的にある一定の価値ある内容として認められている姿もあるのではないでしょうか。 先入観にとらわれる事無く、女性に対しても社員研修での指導も大切であり、早めの対応が重要です。