人によって感じ方が違う ▼ Effective Training Strategy

人によって感じ方が違う

誰もが働きやすい職場作りが必要

自営業のように自分や家族だけで働く場合は、お互いの性格や考え方を理解している部分が多いので、仕事をやりやすい環境です。ただ、社員を採用し、年齢や性格、能力が異なる人々が一緒に仕事をする場合は、仕事の進め方や考え方をある程度統一することが大事です。
そうすれば、コミュニケーションを取りながら働けるようになり、仕事がはかどるようになるので、会社の業績がアップします。また、誰もが働きやすい職場作りが必要なので、規律をしっかりと設けることは重要です。
たとえば、パワハラやセクハラが発生してしまうと、社員は快適に働けなくなる可能性があります。ですから、パワハラとセクハラの発生を防止するために社員研修を実施しましょう。ですが、人によってパワハラやセクハラの感じ方が違うのは事実です。

しっかりと守ってもらう

言動や行動に負担を感じる人がいる一方で、全く気にならない人もいるように、パワハラやセクハラの感じ方は人によって異なります。そのため、防止するためのベストな社員研修の内容で困ることはあるでしょう。
ただ、人が不快に感じることは避けるという考え方をしっかりと守ってもらえば、パワハラやセクハラの発生を防止できます。ですから、社員研修では社会人としての常識やマナーを改めて再確認することをおすすめします。
また、パワハラやセクハラの具体的な例を出し、それについて参加している社員で意見を出し合い、議論することによって問題に繋がる言動や行動を減らすことができます。重要なテーマなので、社員研修には全員に参加してもらうようにしましょう。