労働基準監督署の監査 ▼ Effective Training Strategy

労働基準監督署の監査

労働管理研修の重要性

「労務管理研修」とは、管理職に必要な労務管理の基礎知識を学び、管理職として部下の労働時間の管理を学ぶことを、目的としています。
上司である自分が、部下の仕事や労働時間など、正しくなされているのかなど、細かな裁量を会社から担っているともいえます。上司という立場は立場が上がるほど責任や部下への配慮など、様々な面に対して目を配らなければなりません。このような背景をもとに、労務管理に対して自分の意識を高めていき、リスクとコンプライアンスを理解する、ということは大変重要です。また労働時間内に終わらない仕事に対して、昨今叫ばれている残業時間の削減を推奨する動きと、どう兼ね合っていかなければならないのかなど、ディスカッションをすることで、問題と向き合い解決に向けた取り組みを見出すなど、労務管理研修は改めて考える機会ともいえます。

労働基準監督署の突然の来訪の意味とは

労働基準監督署の調査は、事業主に予告することなく突然やってきます。予告をすると、ありのままの状態を確認することが出来ない、また不利になるものを隠そうとする、など様々なケースが考えられるからとも、言われています。
一方で予告する場合もあり、電話連絡により調査予定日を告げたり、FAXにより調査予定日や用意しておくもの(帳簿など)を、事前に告げる場合もあります。
また出頭要請書の場合は、帳簿などを労働基準監督署まで持って来させ話を聞く、ということもあります。これらを拒んだり、妨げたり、虚偽をすると法律的に罰せられます。
調査内容は主に労働関係帳簿の確認や、事業主などに対してのヒアリング(帳簿に関してや、不明点など)、勤務実態の確認を目的とした、労働者へのヒアリングなどがあげられます。
これらは事業主や責任者などが、対応しなければなりません。